アレロック市販

市販されいないアレロック(有効成分オロパタジン)を通販で購入できるおすすめの通販サイト

アレロック(有効成分オロパタジン塩酸塩)は市販されていませんが、海外からの個人輸入で購入することができます。
管理人がおすすめするおすすめの通販サイトは次の2つです。

1、オオサカ堂

https://osakado.cc/

2、空詩堂

https://www.sorashido.com/

 

オオサカ堂

 

オオサカ堂ではアレロックのジェネリック品のWinolap5 5mgを購入することができます。

 

商品名:Winolap5 5mg 100錠
有効成分:オロパタジン塩酸塩5mg
製造会社:Sun Pharma Laboratories Ltd.
販売価格:2875円(送料無料)
支払い方法:クレジットカード、銀行振り込み

 

>>アレロックジェネリックの購入先はこちら

 

 

このアレグラジェネリックは100錠入って、値段は2,875円(送料無料)です。

 

アレロックは1日2錠服用するため、100錠あれば、50日分なので、1シーズン分もつと思います。

 

花粉症の治療で、病院に行けば、初診料や薬代で3000円ぐらいはかかりますし、病院の場合、2週間分ぐらいしか処方してもらえないので、3000円で50日分のアレロックが手に入るのは本当に助かると思います。

 

オオサカ堂ではクレジットカードや銀行振り込みで支払いができます。

 

私はいつもクレジットカードで支払いをしています。

 

欠点は海外からなので注文して到着するまで、一週間から10日ぐらいかかるので、必要な場合は早めに注文しておくといいと思います。

 

>>アレロックジェネリックの購入先はこちら

 

 

空詩堂

 

空詩堂も海外(シンガポール)の個人輸入代行サイトです。
空詩堂は日本で処方されれているアレロックが購入できます。

 


商品名: アレロック錠5:100錠
販売価格:18,210円(送料無料)
在庫場所:シンガポール
製造販売元:協和発酵キリン 株式会社
支払い方法:クレジットカード、銀行振り込み他

 

>>日本国内で処方されているアレロックの購入はこちら

 

 

もう少し安く購入したい方にはアレロックと同じ薬、つまりアレロックのジェネリック品(オロパタジン塩酸塩錠)を通販で購入することができます。

 

 

商品名: オロパタジン塩酸塩錠5mg「トーワ」:100錠(アレロックジェネリック)
販売価格:9,683円(送料無料)
在庫場所:シンガポール1
製造販売元:東和薬品株式会社

 

>>アレロックへネリック(オロパタジン塩酸塩錠)の購入はこちら

 




アレロックジェネリックを通販で購入している方の口コミ

病院に行く時間がないなので通販で購入しています。効果が病院で処方されるアレロックと同じで問題ありません。

 

病院で処方される薬も通販で買う薬も結局同じなので、通販で買えるのは本当に重宝します。

 

通販なら値段が安くてまとめ買いができるので、毎年注文しています。

 

私はアレルギー持ちです。ホコリやダニにもアレルギーがあるので、一年中、アレルギーで困っています。アレロックは副作用で眠たくなりにくいので、いつも使っています。

 

わたしは花粉症の時期はオロパタジンを服用していました。子供に教えてもらって、ネットで買っています。病院に行かず、安く購入できるのは仕事が忙しいわたしにとって本当に助かります。

 

アレロックはジルテックやザイザル、クラリチンよりも効くので、アレロックを服用しています。

花粉症でアレロックを飲んだ時の体験

毎年春になると悩まされるのが花粉症です。

 

私は大人になるまで花粉症に悩んだことがありませんでした。ですが30歳になったっ途端に3月ごろから鼻がムズムズしだして涙目になり大変なアレルギー症状が出てきてしまいました。

 

すぐに近所の耳鼻科へ行って花粉症の薬として抗ヒスタミン剤の処方をされました。

 

最初に処方されたのはアレグラでした。

 

アレグラは眠くならない抗ヒスタミン剤ということだったので仕事に支障はなかったのですが、効果がほとんどありませんでした。

 

そこで次に処方されたのがアレロックだったのです。

 

アレロックは最初に処方されたアレグラよりもはるかに強い花粉症の薬のようで、眠気が結構出る人の割合が高いので車の運転などはしない様にという指導を受けました。

 

幸い車を運転することはなかったので大丈夫だと思ったのですが、仕事中にとにかく眠くなって大変でした。

 

このアレロック自体は鼻のつまりがかなり解消されて効果が高いのでその点はすごく良い薬だと思ったのですが、なにせ常に頭がぼーっとして眠気が襲ってくるので仕事をしている身としてはかなり辛かったです。

 

耳鼻科で他の薬がないのか聞いてみたのですが、眠気が起きにくい薬だと結局花粉症の鼻づまりや鼻水、涙目などの症状を抑える力も弱いということでしたので、アレロックと同じぐらいの効果があるジルテックという薬に途中で変えてみることになりました。

 

しかしジルテックは、眠気は確かにアレロックよりは起きない感じでしたが花粉症の症状を抑える作用は弱くてあまり意味がありませんでした。

 

そこで結局最終的にアレロックの服用に戻ったのです。

 

アレロックは仕事をしている人でなければ眠気を気にしなくてすむのでとても良い花粉症薬だと思います。

 

でも私の様に仕事をしている人にはかなり厳しいかもしれません。

 

(神奈川県 かなさん)

 

>>アレロックジェネリックを格安で購入するならこちら

 

 




アトピー患者にも効果アリ!アレロックの効能について

アレルギー体質でアトピー肌なので、定期的に皮膚科に通っています。

 

皮膚科に通い始めてから10年くらい経っていて、飲み薬はいつもアレロックです。

 

1日2回、朝と夕に1錠ずつ飲めば、目や肌の痒みや鼻水などを止める効果があります。

 

アレロックの副作用として眠気がでてくることもありますが、仕事に支障がでるほどではありません。

 

でも少しぼんやりとしてしまうこともあるので、車の運転などをする前には飲まないほうが良いと思います。

 

アレルギー疾患は花粉症の季節はもちろん、1年中、くしゃみや鼻水、肌のかゆみに悩まされます。

 

アトピーかなと思って皮膚科に通いはじめた頃は、今ほど肌も弱っていなかったので、アレグラやアレジオンなどの薬を飲んでいました。

 

私の個人的な感覚としては、どちらかというとアレロックより効き目が弱いかなと感じました。

 

なので、後からアレロックに変えてもらい、それまでよりも症状が治まったので、こちらのほうが体質に合っていると思いました。

 

速攻で効果が出やすいが特徴で、飲めば1時間以内にアレルギー症状が治まります。

 

でも長時間効いているわけではなく、6〜8時間くらいが限界で、そこまで効き目を感じるかどうかは個人差があります。

 

通常なら夕食後に飲むのですが、夜中になると薬の効果がきれてしまうため、アレルギー症状がでてきて眠れなくなることもあります。

 

痒くてたまらない時は、もう1錠飲んでから寝ると、何とか朝まで効果が持続します。

 

でも本来はたくさん飲めば効果が高いというわけではないので、医師と相談しながら薬を選んだほうが良いです。

 

今では名称が「オロバタジン塩酸塩」に変わり、ジェネリック医薬品の扱いなので、以前よりも費用が安くなりました。

 

これからもアレロックを飲み続けると思いますが、もっと持続時間の長い薬が開発されるといいなと思います。

 

(大阪府・ゆきなさん)

 

>>アレロックジェネリックを格安で購入するならこちら